映画を中心に色々レビューしています。
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
はぅ(ノД`)
新作「アイアン・マン」の撮影中に骨折したとか。
と言うか、アイアンマンに出るんですね^^;;;
私の好きなアメコミ系実写で更に私が一番好きなアクトレス、グウィネスパルトロウとくればもう見るしかないです!(笑)
記事:http://cinematoday.jp/page/N0010891
スポンサーサイト
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

第2位:舞妓Haaaan!!!

第3位:憑神

第4位:300/スリーハンドレッド

第5位:スパイダーマン3

第6位:大日本人

第7位:ゾディアック

第8位:プレステージ

第9位:ラストラブ

第10位:そのときは彼によろしく

パイレーツ~が5週連続首位獲得です。
いつまでこの快進撃は続くのでしょうかね。
私もそろそろ見に行かないと・・・(笑)
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
50歳を越えても尚アクション映画に出演する意欲が強いブルースウィリス。
頑張りますね~。
ここ最近、CG技術の発達のせいか昔のような主人公が物凄い大変な思いをするアクション映画って減ってきているような気がします。
まぁ例を挙げるとやっぱりダイハードですけどね(笑)
またブルースウィリスやメルギブソン、ハリソンフォードのように本当に体を張ってるように見せる事が出来る俳優も減ってきているように思えるのは気のせいでしょうか。

米俳優ブルース・ウィリス(52)はロイターのインタビューに応じ、当面はアクション映画から引退する意思がないことを明らかにした。
ウィリスは人気アクション映画「ダイ・ハード」シリーズで、前作から12年ぶりとなる第4作「ダイ・ハード4.0」に出演している。
インタビューの主な内容は以下の通り。
──52歳でアクション映画に出演するのは大変か。
「それほどでもない。健康や体力を維持していれば、50歳は新たな30歳と言えると思う。子どものころは50歳になることが宇宙のかなたのように遠く感じられたが、実際50代になってみると、そう悪いものでもない」
──どのように健康を維持しているのか。
「毎日ではないが、トレーニングをしている。撮影に取り掛かる際には定期的に行っているが、そうでなければ手を抜いている。何もかもをすべてやり遂げようとする意欲があまりわかない年齢になったということだ」
──アクションや戦闘シーンを演じるには年を取り過ぎていると感じたことは。
「まだまだない。脚本を重視するが、『ダイ・ハード5』にもたぶん出演すると思う。肉体面の心配をするよりも、映画の内容を常に優先して考えている」
──アクション映画からの引退はいつになるか。
「実は自分でも分からない。ずっと先の計画は立てず、目の前のことに集中するようにしている。正直なところ(引退については)あまり考えていない」
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000218-reu-ent
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
あれ?
これって前に決まってませんでしたっけ?
気のせいかな?^^;;;
でも次の新作が5作目で17歳。
最終第7作の頃には二十歳近いと思うのですが原作的にはどうなんでしょうね。

「僕はハリーを演じ続ける」
人気映画シリーズの第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(デビッド・イエーツ監督)が7月に世界各地で公開されるのを前に、主人公役のダニエル・ラドクリフさん(17)らが、ロンドンで記者会見を行い、最終第7作までの“完投”を宣言した。
11歳からシリーズに出演し、最近は演劇にも主演するなど本格俳優の道を歩き始めているラドクリフさんは、今作品について「僕たちは成長した。だから、監督からの厳しい注文にも応じられた」と語った。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000304-yom-ent
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
・タイトル
風の谷のナウシカ

・監督
宮崎駿

・出演者
ナウシカ:島本須美
ジル:辻村真人
大ババ:京田尚子
ユパ:納谷悟朗
ミト:永井一郎
クシャナ:榊原良子
アスベル:松田洋治

・レビュー
実はこの風の谷のナウシカは正確にはジブリ作品ではないんですよ。
トップクラフトと言う製作会社が作った作品なんです。
このトップクラフトがその後徳間書店の出資によりスタジオジブリに変わったのです。
まぁでもあまり細かい事気にしてもしょうがないですよね(笑)
監督は宮崎駿監督な訳ですし。
さておき。
この作品が宮崎駿監督の代表作であることは言うまでも無いでしょう。
事実、この作品が宮崎駿の名前を一躍有名にしました。
元は宮崎監督オリジナルの原作マンガである事を知っている人も多いと思います。
が、映画を先に知った人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。
私はその一人です(笑)
もう何回もテレビで放映されてますがその度に見てしまいます。
歴史に残る名作と言っても過言では無いと思うのは私だけでしょうかね。

そう言えば以前どこかの会社がこの作品に出てくる乗り物「メーヴェ」を作成していると言う噂がありましたがどうなったんでしょうか。

★風の谷のナウシカ DVD★
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
押井守監督と言えばSF系と言うイメージがありますが新作「スカイ・クロラ/The Sky Crawlers」は恋愛映画だとか。
それでも戦闘機アクションにはこだわりがあるらしく、「空中戦といえば宮さん(宮崎駿監督)と言われてるけど、こっちも自信あります。紅い飛行機のやつ(『紅の豚』のこと)よりいいんじゃないでしょうか」
とコメントしているようです。
この作品、宮崎駿監督最新作の「崖の上のポニョ」と公開時期がかぶるようでそう言った意味でも注目です。
記事:http://eiga.com/buzz/show/7710
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

第2位:舞妓Haaaan!!!

第3位:300/スリーハンドレッド

第4位:スパイダーマン3

第5位:大日本人

第6位:ゾディアック

第7位:プレステージ

第8位:ラストラブ

第9位:アポカリプト

第10位:そのときは彼によろしく

パイレーツオブ~強し!
累計でスパイダーマン3を抜き興行収入70億円を突破したらしいです。
私が気になるのはゾディアックです。
セブン、ファイトクラブのデヴィッド・フィンチャー監督のサスペンス映画だからと言う理由だけですけどね(笑)
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
これが本当だとしたら大変な事ですがどうなんでしょうね。
真偽についてコメントを避けているのが気になります。

英作家J・K・ローリング原作の人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」(仮題)のあらすじが、ハッカーによりインターネット上に書き込まれた問題を受け、出版社は、書き込みはでたらめの可能性があると注意を呼び掛けた。
ハッカーは「ガブリエル」と名乗り、英出版元ブルームズベリー・パブリッシングのコンピューターに侵入して、7月21日に発売される最新刊の原稿コピーを入手したと主張。
ウェブサイト上で「最新刊を無意味でつまらないものにするため」と書き込みの意図を語っている。
最終章の結末をめぐっては、ここ数カ月、ファンの間でハリーやハーマイオニーの生死についての論争が巻き起こっていた。
米の出版元スカラスティックのスポークスマンは、書き込みの真偽についてはコメントを避けたものの、書き込みを信じないよう注意を呼び掛けた。
英出版元ブルームズベリーのスポークスマンはコメントを控えている。
「ハリー・ポッター」シリーズの原稿漏出に関しては、第6作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」でも発売前に原稿コピーが盗まれる事件が起き、タブロイド紙にコピーを売却しようとしたとして、2人が起訴されている。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000461-reu-ent
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
何か今各所でゲド本と言う物がゲリラ配布されているようです。
ゲド本とはゲドと言う名前の通りジブリでも映画化されたゲド戦記に関する本のようです。
ゲリラ配布なので何処で配布されているかは分かりません。
ただ、今日、明日、明後日の三日間、時間は不明ですが新宿、渋谷、新橋の3箇所で配布されているとの事。
時間のある方や上記箇所に用がある方などちょっと探してみるのも良いかもしれませんね。

20日、全国で無料配布中の“ゲド本”こと「ゲドを読む。」のゲリラ配布が実施された。
映画サイト「シネマトゥデイ」が主催したこのイベントは、同サイトのロゴがプリントされた真っ赤なティーシャツを着た配布者が、渋谷と新宿を移動しながら配布する。
指定された合言葉を言うとゲド本を手に入れられるという、ゲーム性の高いイベントだ。
突如現れたゲド本配布者に、街行く人は驚いていたが、「ゲド本、無料配布」「合言葉は○○○」の文字に興味津々だった。
ゲリライベント開催については、数日前から情報が流れていたため、待ってましたとばかりに配布者に声をかけゲド本を受け取る人の姿も。
ほかにも、全国で配布は始まっているが、配布現場ですでに品切れになっていたため、ゲド本を探していた人など、多くのゲド本ファンが殺到した。
記事1:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070620-00000010-flix-movi
記事2:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070619-00000005-flix-movi
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
ファンタスティック・フォーでヒロイン役を演じているジェシカアルバが最もセクシーなスーパーヒロインに選ばれました。
ジェシカアルバと聞くとファンタスティックフォーよりダークエンジェルを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。
これを気にアクション映画のヒロイン役はジェシカアルバ・・・って事にはなりませんかね?(笑)

ちなみにスーパーヒーロー部門はX-MENでウルヴァリンを演じたヒュージャックマンです。
その他トップ5は以下の記事に掲載されてますので興味のある方は御訪問下さい。
記事:http://eiga.com/buzz/show/7684
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
・タイトル
天空の城ラピュタ

・監督
宮崎駿

・出演者
パズー:田中真弓
シータ:横沢啓子
ドーラ:初井言榮
ムスカ:寺田農

・レビュー
この作品も知らない人はいないと言う位有名な作品ですよね。
宮崎駿監督作品の中では一番評価が高い作品です。
ジブリ作品の中で一番好きな作品は?と言うアンケートがあった場合間違いなくトップ3に入る作品でしょう。
またこの作品ほどいわゆる敵キャラが有名な作品は他に無いと思います。
ムスカ名言集と言う言葉が出来るくらい有名です(笑)
「言葉を慎みたまえ。君はラピュタ王の前にいるのだ」
「見ろ、人がゴミのようだ」
「目がぁ、目がぁぁぁ!」
この辺は色々な作品で使用されたりしています。
ちなみに
http://akita.cool.ne.jp/hikoseki/muska/
このサイトでムスカが落下する動画を見る事が出来ます。

★天空の城ラピュタ DVD★
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
高橋ヒロシ作品の大ファンにも関わらず不覚にもこの映画の事は今日まで知りませんでしたorz
原作のCROWSはもうほんとに大好きです。
続編のWORSTも勿論大好きです。
で、どんな内容になってるのかなぁと思って公式サイトへ行ってみたんですが、どうやら映画オリジナルのようですね。
原作のキャラクターがどれくらい出てくるのかは現時点では不明。
ストーリーを見る限りではクローズの主人公、坊屋春道は出ないみたいです。
更に鈴蘭高校の中の話のようなので武装戦線も出てくる事は無さそう。
う~ん、こうなるとやっぱり別物として考えた方が良いかもしれませんね(-ω-;)

公式サイト:クローズ ZERO
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

第2位:300/スリーハンドレッド

第3位:大日本人

第4位:スパイダーマン3

第5位:プレステージ

第6位:そのときは彼によろしく

第7位:ザ・シューター/極大射程

第8位:眉山/びざん

第9位:俺は、君のためにこそ死ににいく

第10位:ゲゲゲの鬼太郎

パイレーツ~が3週連続1位で興行収入が60億円を超えたそうです。
大日本人は関西で好調のようで3位と健闘してますね。
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
会見中にトイレに行ったと言うブルースウィリス。
普通は会見前に行きますよね^^;;;

12日、『ダイ・ハード4.0』のプロモーションのために来日したブルース・ウィリス、マギー・Q、ジャスティン・ロングが記者会見に登場した。
東京がプロモーションのワールドツアーの始まりであり、“ジョン・マクレーン”としては初来日となるブルース、そして、6月23日に世界最速となる日本での先行公開も決定した。
ブルースにとっては、親子ほど年の差のある若い2人との共演だったが「すばらしい共演者だった」と語り、会見中は、まるで友だちのようにしゃべり合う3人。
劇中で、マクレーンの相棒のような存在となるマットを演じたジャスティン。
ブルースが階段でコケれば、続くジャスティンもコケる。
2段ボケに徹していたが、その愛嬌(あいきょう)あるところが、ブルースも嫌いではないようだ。
会見中、ブルースをはさんで両端に座るマギーとジャスティンは、ブルースの頭上を、ペットボトルのキャップやお手拭タオルを投げあったり、無法状態! 誤ってブルースの頭にに命中してしまったら……。
しかし、ブルースはおかまいなしだ。
かくいうブルース自身も、お手ふきタオルで自分の頭をふいたり、「若い2人に質問して」と、トイレに行ってしまったりと、まれにみる無礼講状態。
「この映画は、とにかく楽しむための映画。エンターテインメント映画だよ」とブルースが言うように、キャスト3人は、とにかく楽しんでいた会見だった。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000005-flix-movi
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
ん~、最近過去の作品の続編が作られる事が多くなってきましたね。
ロッキー、ダイハード、インディージョーンズ等々。
次はビバリーヒルズコップのようで。
まだ決定した訳では無いみたいですけどね。

ロッキー、ランボー、ジョン・マクレーンとハリウッドは復古ブーム。
となれば、「ドリームガールズ」でアカデミー助演男優賞候補になって完全復活を遂げたエディ・マーフィの当たり役、「ビバリーヒルズ・コップ」のアクセル・フォーリー刑事の続編の噂が出てきても不思議ではない。
マイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー」、マシュー・ボーン監督の「スターダスト」という2大巨編を抱える大プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナベンチューラが、アメリカの映画情報サイト、カミングスーン・ネットの取材に答え、このほど「ビバリーヒルズ・コップ4」の可能性について示唆した。
「まだ脚本家を雇っていないが、我々はフランチャイズ権について分析を重ね、アクセル・フォーリーについて多くの人々に聞いて回ったんだ。
“アクセルを愛しているかい? アクセル・フォーリーの映画を見てみたいかい?”
とね。
十分な成果を得られたので、たぶん今後4~8週間のうちにライターを雇うだろう」
84年に製作された第1作「ビバリーヒルズ・コップ」(マーティン・ブレスト監督)は全米だけで2億3000万ドル(約280億円)の興収を上げたパラマウント映画のメガヒットシリーズとなり、当時の同社製作部重役ジェフリー・カッツェンバーグ(現ドリームワークスCEO)の名を一躍高めた作品。
87年に第2作(トニー・スコット監督)、94年に第3作(ジョン・ランディス監督)が作られたが、全米興収は1億5000万ドル(約186億円)、4000万ドル(約53億円)とジリ貧状態だった。
「ロッキー・ザ・ファイナル」のような成功例はあるが、果たしてエディ・マーフィはアクセル・フォーリーを復活させるのか、見ものだ。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000003-eiga-movi
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
・タイトル
もののけ姫 PRINCESS MONONOKE

・監督
宮崎駿

・出演者
アシタカ:松田洋治
サン:石田ゆり子
エボシ御前:田中裕子
ジコ坊:小林薫
トキ:島本須美
モロ:美輪明宏
乙事主:森繁久彌

・レビュー
これは有名すぎるくらい有名な作品ですね。
知らない人っているのかな?と思う位です。
4年と言う歳月をかけて作られた作品なのでさすがに凄い作品です。
人と自然をテーマに宮崎監督にしては珍しく凶暴さを前面に出しているので見ごたえあります。
またストーリー展開、キャラクターの動きの細やかさ、CGを融合させた美麗な映像、どれをとっても文句無し。
間違いなく歴史に残る大作ですね。

★もののけ姫 DVD★
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
MTVムービーアワードの受賞作が発表されました。
作品賞にパイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト、演技賞にジョニーデップとパイレーツは2冠。
ジェリーブラッカイマーはジョニー無しでは作品賞は取れなかったとコメントしています。
さすがキャプテン・ジャック・スパロウですね(笑)
記事:http://eiga.com/buzz/show/6404
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

第2位:大日本人

第3位:スパイダーマン3

第4位:そのときは彼によろしく

第5位:ザ・シューター/極大射程

第6位:眉山/びざん

第7位:ゲゲゲの鬼太郎

第8位:俺は、君のためにこそ死ににいく

第9位:女帝/エンペラー

第10位:監督・ばんざい!

大日本人は話題性で2位になったような気がしますね。
本当の評価は2週目以降、口コミでどのように広がっていくか、でしょうね。
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
ハリウッドでパパラッチが急増しているようです。
スクープ写真一枚で数千万円の値段が付くとか^^;;;
これじゃあ増えて当たり前ですね。
写真一枚で普通の人の数年分の稼ぎになるんですから。
これってパパラッチが悪いと言うよりも値段をつける出版社?側が悪いと思うのは私だけでしょうか。

有名人のスクープ写真を狙う「パパラッチ」が、米ハリウッド周辺で急増している。
スクープ写真は、インターネットや海外メディアから引き合いが増え、高値で売買されており、パパラッチの数は1990年代前半の10人程度からアマチュアも参入して200人とも450人とも言われる規模になっている。
俳優ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻をとらえた写真に50万ドル(約6000万円)の値が付くなど、有名人の希少写真の価値は高い。
多くの専属パパラッチを抱える会社もあり、例えば「X17」社は人気歌手ブリトニー・スピアーズさん専門に7人を配置している。
別の大手「スプラッシュ・ニューズ」社によると、今最もホットなターゲットはホテルチェーン大手ヒルトン・ホテルズの創業者一族で女性タレントのパリス・ヒルトンさんとスピアーズさん、女優リンジー・ローハンさんの「スキャンダル御三家」。
飲酒運転による保護観察処分の条件に違反し、収監されたヒルトンさんの本物の囚人服姿が撮れれば、20~30万ドルは確実という。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000093-jij-int
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
20世紀少年が実写映画化されるようです。
監督は堤幸彦。
堤幸彦と言えばトリックが有名ですね。
どんな映画になるのか楽しみです。

記事:http://eiga.com/buzz/show/6377
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
・タイトル
ゲド戦記

・監督
宮崎吾朗

・出演者
アレン:岡田准一
テルー:手嶌葵
ゲド:菅原文太
クモ:田中裕子
ウサギ:香川照之
テナー:風吹ジュン

・レビュー
宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ですね。
色々と酷評が多いです^^;;;
確かに宮崎駿監督作品と比べると演出面で見劣りはしますし突っ込み所も多々あります。
が、宮崎駿監督の息子と言う事で期待されすぎていたと言うのが酷評に拍車をかけたのでは?とも思います。
映画館で見るほどでは無いけどレンタルでならまずまずお勧め、と言った感じでしょうか。

★ゲド戦記 DVD(7月4日発売)★
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

第2位:スパイダーマン3

第3位:ゲゲゲの鬼太郎

第4位:俺は、君のためにこそ死ににいく

第5位:眉山/びざん

第6位:GOAL!2

第7位:名探偵コナン/紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

第8位:バベル

第9位:しゃべれども しゃべれども

第10位:パッチギ!/LOVE&PEACE

やっぱりパイレーツオブカリビアン/ワールドエンドが初登場第1位でスパイダーマン3から1位の座を奪いましたね。
映画等色々レビュー中トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。