映画を中心に色々レビューしています。
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
ハルベリーが妊娠三ヶ月である事を発表したようです。
と言うか、この人41歳なんですね^^;;;
30代前半位だと思ってました。

米アカデミー主演賞受賞女優のハル・ベリーさん(41)は4日、テレビの番組で、現在妊娠3カ月であることを明らかにした。
恋人でモデルのガブリエル・オーブリさん(32)との子供。
ベリーさんは同番組で、「そう、私は今妊娠3カ月目。
ガブリエルと私はもう喜んでいるなんてものではないわ。
私は長い間、人生のこの瞬間を待ち望んでいたの」と話した。2人は2005年11月にコマーシャルの撮影で出会い、その直後に交際を始めた。
ベリーさんはこれまでに2度結婚を経験しており、今年に入って、家庭を持ちたいとは思うが結婚はもう真っ平ごめんで、2人の男女が結婚指輪や結婚証明書なしで生活を共にするのがベストだと思うなどと話していた。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000080-jij-ent
スポンサーサイト
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
ドラゴンボールZ実写化の噂ってもう5年位前からあったんですよね。
それがようやく噂じゃなくなったと言う所でしょうか。
原作に沿った映画になると面白いのですがどうなるんでしょうね。
トランスフォーマーのようにタイトルと設定だけ使う形になりそうな気もします。

カナダ・Gazette紙の報道によると、The 20th Century Foxは来年のモントリオール世界映画祭に向けて製作予定の3作品を発表した。
いずれも1億ドル以上という巨額の予算を充てるというその作品群とは、『Night at the Museum(ナイトミュージアム)』の続編、ローランド・エメリッヒ監督のSF映画『Independence Day(インディペンデンス・デイ)』のリメイク、そしてなんと『ドラゴンボールZ』の名が。
具体的なクランク・イン時期やキャスト、ストーリー等は未定だが、来年7月までには3作品とも撮影を完了させる予定だという。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000090-myc-sci
映画等色々レビュー中トップページへ
★応援ぽちが凄く励みになります。人気ブログランキング★
キムタクがジョシュ・ハートネット主演映画「I COME WITH THE RAIN」に出演するようです。
この映画、ジョシュ、キムタク以外にもイ・ビョンホンやショーン・ユー出演とかなり豪華です。
前編英語で撮影されるとの事ですがどんな映画になるのか楽しみですね。

SMAP・木村拓哉(34)が、来年秋にフランスをはじめ全世界で公開予定の映画「I COME WITH THE RAIN」に出演することが21日、明らかになった。
01年「パール・ハーバー」に主演したハリウッド俳優のジョシュ・ハートネット(29)が主演。
日本、韓国、香港、カナダ、フランスなどから人気俳優が集う話題作。
セリフもすべて英語。これで再びカンヌを狙う。
ハリウッド俳優で、日本でも人気のジョシュ・ハートネットが主演。ほかに韓国のイ・ビョンホン(37)。
香港のショーン・ユー(25)、フランスのトラン・ヌー・イェン・ケーら各国を代表するスターが集うワールドワイドな作品「I COMEWITH THE RAIN」。
木村は、“日本代表”として出演する。
指揮を執るのは「青いパパイヤの香り」「シクロ」などでベネチアのグランプリなど世界の映画祭で高い評価を得てきたトラン・アン・ユン氏。
しかも全編英語で撮影するというインターナショナルな話題作だ。
トラン監督はドラマ「華麗なる一族」の熱演ぶりなど以前から木村に注目。
今年、7月に来日し、木村と対面し「彼には輝くものがある」と感嘆し、木村に出演オファーを出した。
木村も以前から監督の作品に強い関心を持っていたそうで、「またまた映画好きな監督に出会いました!自分も負けずに楽しみます」と熱演を誓った。
木村は、寡黙で人間離れした雰囲気を持つ大富豪の息子・シタオ役。“現代の救世主”という設定。物語は、行方不明となったシタオ(木村)を捜索する私立探偵・クライン(ハートネット)が、追跡の中で連続殺人犯の記憶に悩まされるというサイコスリラー。
物語を占う上で重要な役だ。
撮影はロサンゼルス、香港などで10月中旬まで行われ、木村も今月初旬のフィリピンロケから参加。
木村は初の英語作品にも、流ちょうなしゃべりで、監督と話し合いながら演技を練り上げた。
各国の俳優を相手に堂々演技を見せた。
来年秋にフランス、北米など世界で公開の予定で、日本での配給も調整中。
カンヌ映画祭正式出品作となる可能性もあり、木村は「2046」に続きカンヌのレッドカーペットを踏むことになりそうだ。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000023-dal-ent
映画等色々レビュー中トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。